OVA ドロップアウト ~性処理便器・七条鈴香~ / EDGE(エッジ)

OVA ドロップアウト ~性処理便器・七条鈴香~ / EDGE(エッジ)エロアニメ

OVA ドロップアウト ~性処理便器・七条鈴香~ / EDGE(エッジ)

「私立北稜学園に通う気弱な少年・新見(にいみ)。彼は文武両道で成績優秀な先輩・七条鈴香(ななじょうれいか)に密かに好意を寄せていたが、彼女は新見のクラスメイト・城島と付き合っていて、一度も会話できないまま卒業してしまう。しかし、受験に失敗した先輩は、社会資源健全化法、別名・ドロップアウト法によって、新年度から新見の性欲処理をする肉便器として奉仕することになり…」

OVA ドロップアウト ~性処理便器・七条鈴香~ / EDGE(エッジ)説明

出演: 七条鈴香
監督: 辰美
形式: アダルト, 色, ワイドスクリーン
言語: 日本語
字幕: 日本語
リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通) (DVDの仕様。)

OVA ドロップアウト ~性処理便器・七条鈴香~ / EDGE(エッジ)口コミ評価

出演声優さんの演技力と設定の魅力と画・音の迫力と非常に良い出来だと思います。

辰美氏の良い良いところがすべて引き出されている良作です。

今作の評価には直接関係しませんが、次巻へのつなげ方も◎です。

良品の発送、ありがとうございました。
注文から発送までの時間も短時間で、欲しいものを即座に入手できて、満足しております。

画力だけで無く妄想力も目覚しい 【煌野一人】の同名アダルトコミックから【ドロップアウト(前後編)】をアニメ化しています。
また、併せて同氏商業デビュー作【スタンピード】とのクロスオーバー展開もされており、同作眼鏡娘【渡会 静華】がサブヒロインとして登場したりもしています。
両作共に「肉便器」や「公衆便所」と呼ばれる種の作品である点は共通しており、優等生男子が女生徒達を占有物として扱う事が法律で認められていると言う、妄想世界のお話です。

メインヒロインは、容姿だけで無く文武も優良な【七条鈴香】先輩で、周りからは将来を有望視されていたにも関わらず、何故か意図的にエリートキャリア路線から脱線し、タイトル通りに落ち零れて男性主人公の下半身を咥える日々に身を堕とします。
その行為は、学校であろうと授業中であろうと、お構い無しに行なわれ、教室内には昼間から甘美な喘ぎ声が響き渡ります。
目立った才能も持たない男性主人公は、エリート時代の【鈴香】先輩に憧れを抱いていましたが、ドロップアウト後は偶然にも自らの備品として支給され、今では彼女を思うがままに出来る立場となっていました。

前半では、その憧れと自らとは不釣合いと感じる引け目から、積極的になれない男性主人公を、ボンテージ衣装の【鈴香】先輩がリードして誘う展開です。
口奉仕で体液を搾り取り、レザーグローブを纏った指で自らの肉壁を開いて誘う様は、現状に歓喜している様にしか見えず、次第に男性主人公もその箍が外れて激しく攻める様になっていきます。
この本番シーンでは、原作ではまだ無かった同原作者固有演出の一つ「子宮脱」要素も加味されており、胎内描写ならぬ胎外描写で、体液逆流発射を描いたりしています。
また、男性主人公と同じく彼女に憧れていたライバル男子も同教室内に居り、二人の行為を歯軋りしながら見つめていたりと、変則的なNTR要素も加味されています。

後半では、そのライバル男子が腹に据えかねて、後者裏で男性主人公に難癖を付けに来ますが、憧れの当人である【鈴香】先輩に窘められてしまい、逆にその想いを断ち切られるかの様に止めを刺されてしまいます。
さらに傷心に塩を塗り込むかの様に、その場で男性主人公を誘って菊門本番を見せ付け、ライバル男子の備品と化していた眼鏡娘【渡会】さんの、不穏な表情と共に続巻を期待させるエピローグで〆られます。

フェチズム的には、ヘソを中心に柔らかく十文字に割れるお腹周りや、蚯蚓千匹な胎内描写に肉厚な菊門と、胸や腰周りと言う極所部以外も、女性らしいふくよかさを強調して魅力的に描かれています。
サービスシーンも、メインの【鈴香】先輩に加え、【渡会】さんを初めとするモブキャラ達の、汁塗れとなるカットも多数満載されており、同監督の癖のある作風が好みの方には申し分無いボリュームです。

制作は、他社で【小交女】や【ガ-デン】と言う、ビッグタイトルな成人向け漫画のアニメ化も手掛けてきた【辰美】が中心となっており、その完成度は非常に高いです。
同氏の肉厚な作風は癖が強く、苦手な方も居られるかと思いますが、本作においては原作が非常に完成された絵柄だった事もあり、全体的にそれに寄せた作風で綺麗に纏められています。
キャストは、【鈴香】先輩を【四葉文乃】が当てられ、実績は浅いものの、その年上の魅力は強く漂っています。
その他にも、モブキャラが多数登場する事もあって、同社定番【原舞香】を筆頭に男女共にかなりの大所帯なので、非常に賑やかです。

総じて【煌野一人】ワールドを【辰美】監督が全力で引き出した作品と言え、ファンの方には感慨深い内容とも言えます。
眼鏡娘さんの実質的な活躍は続巻へと持ち越しとなっていますが、ここまで欲張りな作品に仕上げてくれた点は、間違い無く☆×5の賞賛に値します。

最近出たアダルトアニメのせいか、BGM、絵、エロと3拍子揃ってGOOD!見てると想像力が湧いて興奮する。見る時は勿論イヤホン必需品!!

女性をオモチャにする感じの願望がある方なら、色々とスッキリすると思います

OVA ドロップアウト ~性処理便器・七条鈴香~ / EDGE(エッジ)はこちら

OVA ドロップアウト ~性処理便器・七条鈴香~ / EDGE(エッジ) [DVD]
株式会社トップ・マーシャル / メーカー:ケイ・エム・プロデュース / レーベル:EDGE
タイトルとURLをコピーしました