A1C Selection in the DVD BOX 〜堕ちる美少女〜

A1C Selection in the DVD BOX 〜堕ちる美少女〜

A1C Selection in the DVD BOX 〜堕ちる美少女〜内容

内容紹介何百もの抜けるタイトル群から、選りすぐりの名作をあなたに。 今度の「A1C Selection」は、【寝取られシリーズ】3タイトルをセレクト! ! PoROオープニングタイトルの幼なじみ堕ち「とらいあんぐるBLUE」 アイドル堕ち「あい☆きゃん」 殺戮と組み合わさったサスペンス堕ち「DARKBLUE」 DVD3枚組みで、各タイトル全話完全収録! ! エロ可愛美少女達の切なく堕ちる昂奮を是非! <とらいあんぐるBLUE STORY> ようやく二人で暮らし始めることになったあかねと麻人。これから夢を掴むためにと二人での生活がスタートした矢先、あかねの幼なじみである「神坂京介」が割り込んでくる。 借金の取立てで追いかけられる京介。あかねの幼なじみということからむげに断りきれず、渋々ながらも二週間という条件で住まわせる事になる…麻人が頷いてくれたことに嬉しがるあかね。 麻人が見たかわいい恋人の笑顔は…それが最後だった…。 仕事の忙しい麻人は会社に泊りがちの日々。すれ違いの生活にあかねは寂しさを募らせる。そんなあかねをホスト上がりの京介が堕とすのは難しいことではなかった…。 幼なじみの気安さから触れていく京介。躊躇しつつも強引に拒みきれないあかね。 麻人が積極的じゃないのはあかねに魅力が足りないから。と京介に言われ、エッチの練習と称したあかねとの戯れ。乳房を揉まれ、パイズリをせがまれ、フェラチオを教養され…次第に過激になる京介。 「ダメ…これ以上は…ダメ……」 拒むあかねは、言葉とは裏腹に肉体は火照り、知らぬ間に京介の一物を口に含んでしまっている。いけないと想う気持ちは更に快楽を煽っていく。 あかねとの夢のためにと奮闘する麻人の居ないリビングでは、あかねの嬌声が響き渡っていた… 「いい加減にして下さいッ」 足止めされた別荘の廊下で対峙する勝気で姉御肌な生徒会長である姉・鈴香と 引率と称し付いてきた風紀担当で雪斗の担任の鷹峰は面白くなさそうに行ってしまう。 それを遠めに見つめていた雪斗。 雪斗の参加のきっかけである少女・久遠寺音羽。幼なじみの彼女とは一時離れていたものの クラスメートとして再会した時に、雪斗は幼き頃の思いが変わっていないことを感じていた。 唯一心置きなく話せる友人である玲矢はその音羽と親同士で決めた許嫁であった。 招待者としての責任を感じ、必要以上に気を張り疲弊していた玲矢を気遣う音羽。 それを遠めに見つめていた雪斗 恐怖と不安の中で別荘に閉じこめられた面々はやがて…… <あい☆きゃん STORY> 清純派アイドル・藤堂美夕 念願のアイドルとなってようやく人気も安定してきた美夕はどこでも引っ張りだこのマネージャー兼彼氏である天堂良太の家に居候しながら、少ない二人の時間を大切にしていた。 一方、学業と両立を目指す二人には学園の友人であり良きライバルでもある堀池レイナ。彼女とも切磋琢磨しながらトップを目指している美夕。 そんな順風満帆そうな二人に訪れる………卑猥な企み…… いつも側で見ていたはずの美夕。学業優先で一緒にいられない良太は美夕を迎えにテレビ局へ出向く。 強張り気味の表情は少し赤らんでいて、どことなくおかしい美夕の態度……芸能界の怖さを忠告にきてくれたレイナには、いつもと違う挑発的な態度の美夕。 いつもと違うおかしな雰囲気は、気付いたときには遅過ぎて…… ある日のテレビ局。呼び出されたモニタールームになぜか閉じこめられてしまった良太。 出られなくて困っている良太の目に飛び込んでくる一台のモニター。楽屋にいる美夕が映されているそのモニターには、信じられない光景が…… カラダの繋がりはまだのはずだった美夕は……そのモニターの中で、迫るP男の肉棒を……深々と飲み込んでいた………美夕の携帯を鳴らす良太。 モニターの中で光る美夕の携帯着信ランプ………気付いているはずの美夕は………その携帯をバッグに無造作に投げ入れるのであった………審査番号:1800951P内容(「キネマ旬報社」データベースより)A1Cの人気タイトルからヌケる名作をセレクトしたBOX第10弾。『とらいあんぐるBLUE 上巻 「これ以上は…ダメ」』『あい☆きゃん 上巻 「そんなこと……したくありませんっ」』ほか、全6作品を収録。

A1C Selection in the DVD BOX 〜堕ちる美少女〜口コミレビュー

A1C Selection in the DVD BOX 〜堕ちる美少女〜画像

-エロアニメ

A1C Selection in the DVD BOX 〜堕ちる美少女〜を見る

タイトルとURLをコピーしました